自身との相性を見極めてニキビケア選ぶ

私は社会人になってから、大人ニキビが頻繁に出来るようになってしまいました。

ストレスと疲労からのニキビで、一番は環境を変える事や仕事のストレスを溜めない事が効果があると分かっていましたが、仕事を辞める訳にもいかず、ニキビ用化粧品で対応する事にしました。

まずは、以前からネットの口コミでよく拝見していた“オードムーゲ”を利用してみました。

とてもサッパリした使い心地で、少しスーッとする感じでした。この化粧水は、特に赤みの酷いニキビに効果があって、数分コットンパックをすると一気に赤みが引く印象があります。

ただ、ニキビの芯の部分までは効いてる感じがなく、あくまでも応急処置化粧水といった感じです。

 

私が利用して一番効果を感じたのは、アルビオンのハトムギの化粧水です。

お値段の5千円と少々お高めですが、お値段以上の効果をしっかり発揮してくれました。

1ヶ月も使うとニキビが一気に無くなった上に、肌に透明感まで出てきました。

 

大人ニキビ 洗顔として、よか石けんという石鹸があります。

これもすごい人気で、ニキビに限らず美肌効果の高い石鹸として有名です。

ニキビは顔以外にもできることが多いと思いますが、胸ニキビにはクリスタルモーションです。

これは間違いないと思います。

スーッとさらさらと肌に浸透するので、嫌な感じは全くありません。

他にも大人ニキビ予防 サプリなどで、外的ではなく内側からケアするという方法も良いと思います。

 

大人ニキビの洗顔を探す場合結構迷ってしまいます。
そんな時は、ランキングサイトを参考にすると良いでしょう。

 

また化粧水の匂いもアロマのような香りで、お手入れ時間のリラックス効果にもなりました。

そして、私はこの化粧水と併用で、バイオイルという全身用オイルでニキビ跡ケアもしていました。

この2つで3ヶ月もすればニキビがあった事が嘘のような肌にする事ができました。

私自身はこの2つがベストコスメでしたが、ニキビの化粧品は種類がかなり豊富に出ているので、ご自身とあった愛称を見極めてご利用するのが一番だと思います。

家でもできる簡単ストレッチ

コンピューターや携帯の普及で、どうしても前かがみになってしまうことが多い昨今ですが、そんな方に家でもできる猫背解消ストレッチ方法をご紹介したいと思います。
まず、テニスボールを二つ用意し、横に並べてガムテープで固定します。
次に仰向けに寝転んで首の後ろにテニスボールを当て、頭を後ろに反らすようにしてテニスボールで首裏をストレッチするだけです。
毎日朝と夜に3分間ずつこのストレッチをすると、まっすぐ固定されていた首の骨が通常の位置に矯正できるのです。
猫背になっている方のほとんどが、「ストレートネック」という状態になっているという結果が出ています。
ストレートネックとは、本来S字型に曲がっている首の骨が前かがみの姿勢を続けることでまっすぐになってしまうという現象です。
そして首だけでなく、肩甲骨にも同じようにテニスボールを当ててストレッチをすることで、更に猫背を解消することができるようになります。
猫背になっていると首や肩だけでなく、背骨や腰などにも悪影響がでるといわれています。
毎日数分のストレッチで猫背を解消できるのはとても魅力的ですよね。
みなさんも今日からこの「テニスボールストレッチ」を試してみては如何でしょうか。

時が経つのが速いです

2017年も、もう半月が終わりました。1月1日から今日までの24倍が過ぎれば今年も終わります。あっという間です。

歳を重ねるごとに、時の経つのを早く感じます。一時間、一日はそれなりに長く感じますが、一週間はあっという間に過ぎてしまいます。

私は持病があって月に1回通院しているのですが、「ついこの間通院したばっかりだよな」なんて感じることもしょっちゅうです。

ちなみに持病というのは「気分障害」で、いわゆる「うつ病」です。朝、昼、夕の食事の後と寝る前に薬を飲んでいます。今の薬はとても自分に合っていて、夜もよく眠れています。食後の薬を飲むことをたまに忘れますが、その時は「何かおかしいな」と感じて、薬を飲むのを忘れていたことに気がつきます。

昨年10月からアコースティックギターを再開しました。(以前少しかじっていた)レッスンには通わずにDVDと教本で練習しています。曲のレパートリーも大分増えました。職場の誕生日会で「ハッピーバースデートゥーユー」も演奏しました。他に弾きたい曲もあるのですが、コードが難しすぎて苦戦しています。

私は80年代に青春を過ごしたので、未だに80年代の音楽に執着しています。

20歳の時に挫折を味わって、時がそのまま止まっているような気がします。通院している病院の先生に色々話したら「離人症」と言われました。ネットで検索してみると自分の症状に当てはまることがたくさんありました。今はなんとか薬を飲んで日々の生活を送っています。

逆光飛翔

物語はユィシアンが大学に入学するため実家のある台中を離れ、母が農作物の出荷に使う軽トラックで台北に向かうところから始まります。
最初だけはお母さんが付いてきて、これから暮らす学生寮の設備をチェックしたりするものの、やがて彼ひとりを残して帰ってしまうんです。
クラスメートも必ずしも協力的とは言えない中、寮のルームメイトがとびきり明るい体育学部生で、彼といっしょに音楽バンドのサークルの活動を始めることに。
もうひとりの主要登場人物がダンサーに憧れるシャオジェ(サンドリーヌ・ピンナ)。彼女は、買い物中毒の母にダンスを学びたいという希望を認めてもらえず、ソフトドリンクの店でバイト中。ブレイクダンス仲間だったボーイフレンドにも振られ、落ち込んでいた。
交差点で困っていたユィシアンを、ドリンクを配達中だったシャオジエが助けたことがきっかけで二人は知り合い、お互いの夢や悩みを語り合い、励まし合うようになります。
ユィシアンは、幼いときにコンクールに出て優勝したことがあったが、楽屋から聞こえてきた「目が見えないから優勝したんだ。可哀相だから」という声に深く傷つき、二度とコンクールには出たくないと思っていた。
シャオジエは配達先でたまたま見かけたモダンダンス教師(ファンイー・シウ)のすばらしい表現に打たれ、彼女に師事してダンスを再開したいと思うようになる。
このユィシアンのピアノへの夢やサークル仲間との愉快な活動と、シャオジエのバイト生活やダンスへの取り組みがほぼ同じ重さで並行して交互に描かれる。ここが単なる美談でなく、普遍的な若者の成長物語になりえた脚本の妙だと思います。

夫婦の絆は永遠ですね

いつもと変わらぬ日常。
そして、常に朝は眠い。
でも、最初だけですけどね。
結婚して幸せ?って聞かれました。
幸せだよ!って言ったものの、何かが足りないような気がするのです。
その何かが、わかりません。
でも、きっと子供もいて夫もいるから幸せです。矛盾してますけどね。
できちゃった結婚でしたから、色々なことを乗り越えてここまできました。
夫とも上手くいかない時期も、もちろんありました。
でも、その時は、子供の為にと離婚をとどまりました。
それ以降は、離婚騒動はなく平和です。
夫も優しいですし、子煩悩ですし、良き父親です。
たまに、ささいなことで喧嘩します。
でも、夫があまりにも子供なため、私が必ず折れます。
それに、喧嘩していても、らちがあかないのです。逆に、私が疲れてしまって、もうどうでもよくなってくるのです。
きっと、そんな人もいますよね。私だけでは、ないと思っています。
結婚していると、相手の嫌な面ばかりしか見えない時期もあり、苦悩もします。一緒にいるのも、嫌な時もあります。だけど、それが夫婦なんだなぁって思います。夫婦ってすごいなって思います。
付き合ってた頃の気持ちは、どこへいってしまったのかって自分で思います。
夫は、今でもいちゃついてきます。
妻は、子供を生むと変わるって言うのは、当たっていますね。
最優先は、子供になっちゃいますから。でも、それが親ってものだと思いました。

63歳も今日まで

還暦になったのを機に始めた山暮らし。
とは言っても寿司職人をしている職場まで45分。
適当に仕事をして、
近所づきあいのない気楽さを満喫するつもりでした。

ところが、住み始めて3ヶ月ほどでアクシデント。
何と、家の階段から落下。
踊り場で頭を強打して頚椎損傷。

救急車で運ばれてそのまま入院。
救急病院で50日ほど入院した後、
リハビリ専門の病院に転院して180日の入院。

当初の診立てでは、下半身不随で
生涯寝たきりか、良くなっても車椅子の生活。

それでも、180日間のリハビリで
何とか歩けるまでに回復。
しかし、神経は途切れたままななので、
首から下の温痛覚は全くありません。

退院してからやがて3年になります。
週に一度の通院リハビリ以外は自宅でのリハビリ。
朝の散歩と療法士さんのメニューでのストレッチが日課です。

散歩のときはカメラがお伴。
元気な頃は、デジイチで撮っていましたが、
不自由な体では重いカメラは構えることさえできません。
それでもコンデジには抵抗があるので
ミラーレス一眼で妥協しています。

今日で63歳も終わり。
途切れた神経はいつ繋がるという保証もなく、
当面、できるのは、日々のリハビリで
少しづつ筋力をアップさせることくらい。

病気療養中といえばその通りなのですが、
早い話が、生産性のない無駄飯喰らいです。

フルーツグラノーラの魅力

一日のうちで、朝の時間というとはとても貴重で一瞬も無駄にしたくない方が多いと思います。
そして、朝急いでいる時に結構時間を取られるのが、朝食です。
しっかり栄養を摂りたい、でもしっかりご飯を作っている時間がない!という忙しい人の強い味方になってくれるのが、最近流行りの「フルーツグラノーラ(略称:フルグラ)」です。
このフルグラという商品は、お皿に移して牛乳をかけるだけという、俗にシリアルと呼ばれるものです。
普通のシリアルは味がいまいちで、栄養も摂れている気がしないという声をよく聞きます。
しかし、フルグラは名前の通りふんだんにフルーツが入っており、人が必要とする栄養をたくさん取ることができます。
私自身、手軽に食べられて栄養も摂れるという魅力に取り憑かれ、忙しい朝にはフルグラを食べて元気に仕事に行くことができています。
このフルグラという商品、去年の半ば頃から話題になり始めて情報番組でも取り上げられるほどの人気商品になっています。
美味しい、手軽、そして栄養も摂れる、という3拍子揃ったフルグラの魅力を一度体験してみてください。
きっと病みつきになること間違いなしだと思います。
忙しい朝にはフルーツグラノーラ、是非一度お試しください。

おもてなしの旅を考え中

 高校生時代の友達から久しぶりに手紙が届いたので、早速読んでみると、私が今住んでいるところに遊びに来たいとのことでした。地元に帰省した時は時々会って、近況報告しあったりしたのですが、お互い仕事が忙しくなってなかなか会えない時期がありました。今度友達が遊びにきたら久々の再会となります。友達のことを思いだしながらどんなところを紹介したり、案内してあげようなどといろいろ考えを巡らせました。まずは、交通手段やホテルはこんなところがいいよ。とか私がわかる範囲で教えてあげました。
 以前違う友達が遊びに来た時、旅行雑誌を見て「ここに行きたい。」というところを何ヶ所かピックアップしたのはいいのですが、行き当たりばったりで行動したため何ヶ所か回ったら時間が余ったり、次に行ってみたい場所に移動するためにバスに乗ろうとしたのですが、なかなかこなかったり道に迷ったりと、時間のロスがありました。久々に会って話ができただけでもいいと友達は言ってくれましたが、事前に下調べをして計画的に行動したらもっと充実した旅になったのではないかと思いました。今回は、前回の反省点もあり案内役の方(おもてなしする方)も事前にリサーチする事が大切だなぁと思いました。友達はお酒に興味を持っているみたいなので、お酒と料理のおいしいお店を紹介しようかなぁと考え中です。今からどんな旅になるか楽しみです。

胸騒ぎの恋人

「胸騒ぎの恋人」は、ゲイの青年フランシスと、その女性の友人マリーが、金髪美形の男性ニコラ(ニール・シュナイダー)に同時に恋に落ちてしまい振り回される話です。
フランシスは浴室の壁に日本でいうと「正」の字みたいな、5ずつ数えるときに使う刻み目をつけています。
最初は、それが何を数えての印なのかわからないが、中盤後、ゲイである彼が好きになった男性に告白して拒絶された回数を示しているのだということがわかります。
ニール・シュナイダー演じるニコラは、カールした金髪に天使のような微笑みで男も女も魅了してしまうが、どうしようもないロクデナシ。この映画では、3人の姿を追うと同時に、ストーリーとは直接関係のない数人の男女のインタビュー映像が時々挟まれる。恋愛について、失恋について、別れの瞬間、待たされる日々、ストーカーまがいの行為、などなどです。
そういった映像を挟むことで、報われない恋に翻弄されるフランシスとマリーの内面を窺い知ります。
両作の脚本、監督、主演のグザビエ・ロランは、早熟の天才の名をほしいままにしている人。これで彼の作品を3本見たことになる。どれもとても面白かったけれど、あえていうならベストは最初に見た「わたしはロランス」かな。4作目の「トム・アット・ザ・ファーム」は昨年の東京国際で上映されたらしい。これもいつか、見るチャンスがあるだろう。最近、しばらく映画製作から離れて休養すると宣言したようだけれど、まだ25歳、これからが楽しみな監督です。

学部の色々

ある新しい仕組みを導入する際に、あなたはその説明役を任されました。
ここで、説明を聞く側のことを事前に知っておき、出得る質問を予め把握しておく必要があります。
異なる学部卒の人間に予想される反応を見てみましょう。理学部卒の人であればこんな質問をします。『その仕組みは何を目的として成り立つのですか?』彼らの研究対象となる生物の器官のしくみにはそれぞれ目的があるし、数学や物理学も実学的な目的に沿って発達した学問です。工学部卒の人であればこう尋ねるだろう。
『その仕組みはどのようにして成り立っているのか?』機械をいじり、都市計画をする彼らにとって、プロセスを理解することほど大切なことはありません。過程における論理が通ることが第一です。商学部卒の人であれば『その仕組みにはいくらかかり、どれだけのお金を得られるのか』を気にするでしょう。彼らは利益を追求し、お金を儲けなければなりませんから。文学部卒の人はこう言います。
『その仕組みを使うとき、何かつまみは必要ですか?』彼らは物事を楽しく見せたり解釈したりするのが仕事です。
もちろんジョークで言っているのですから、こちらも何か面白い返しを思いつかなくてはなりません。