63歳も今日まで

Posted on

還暦になったのを機に始めた山暮らし。
とは言っても寿司職人をしている職場まで45分。
適当に仕事をして、
近所づきあいのない気楽さを満喫するつもりでした。

ところが、住み始めて3ヶ月ほどでアクシデント。
何と、家の階段から落下。
踊り場で頭を強打して頚椎損傷。

救急車で運ばれてそのまま入院。
救急病院で50日ほど入院した後、
リハビリ専門の病院に転院して180日の入院。

当初の診立てでは、下半身不随で
生涯寝たきりか、良くなっても車椅子の生活。

それでも、180日間のリハビリで
何とか歩けるまでに回復。
しかし、神経は途切れたままななので、
首から下の温痛覚は全くありません。

退院してからやがて3年になります。
週に一度の通院リハビリ以外は自宅でのリハビリ。
朝の散歩と療法士さんのメニューでのストレッチが日課です。

散歩のときはカメラがお伴。
元気な頃は、デジイチで撮っていましたが、
不自由な体では重いカメラは構えることさえできません。
それでもコンデジには抵抗があるので
ミラーレス一眼で妥協しています。

今日で63歳も終わり。
途切れた神経はいつ繋がるという保証もなく、
当面、できるのは、日々のリハビリで
少しづつ筋力をアップさせることくらい。

病気療養中といえばその通りなのですが、
早い話が、生産性のない無駄飯喰らいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>